宣材写真UNITED原宿Gスタジオ・写真スタジオ

写真スタジオ、東京都内渋谷区原宿駅0分。プロフィール写真・ブログ用写真・パンフレット用写真撮影。

topics

  • 祝!キー局アナウンサー6名(2013年4月入社)
    キー局内定者の半数がユナイテッドで撮影です。
  • 「女優オーラ溢れる最高の1枚が撮れる写真スタジオ」として紹介されました(美STORY)
  • 「最高の一枚を撮れる写真スタジオ」として紹介されました(TBS)
  • 読者の選ぶCM大賞(CMナウ)の撮影入りました。

月刊オーディション
「受かる応募写真が撮れるナビ」
の総監修担当しました。
月刊オーディション

自然光撮影


フラッシュなど照明撮影
自然光撮影

自然光には、いろいろな光があります。
ユナイテッドでは降りそそぐ太陽光にこだわり
遮るもののない最高層の最上階を写真スタジオとしました。


安心サポート

全部無料レンタル

衣装レンタル無料!

鏡のあるフィッティングルームで「スタジオの無料衣装」と 「自前の勝負服」とを合わせて最終検討できますよ!
※男性用のものはご用意しておりません、ご了承ください。

撮影中にアドバイス!〜初めての方からプロフェッショナルまで〜

「どんな事務所がいいの?私は何に向いてるの?」 オーディションで考えなくちゃいけない事はいっぱい!UNITED原宿スタジオでは写真以外の様々な相談に、撮影を通してアドバイスします!

撮影全データ無料

選んだ写真しかもらえないんじゃない?追加料金かかるんじゃない?という不安は無用です。

データ保存無料

ご希望の方は写真データは半永久的にスタジオ無料保管。
急な面接や応募に安心です!

店長紹介

「みんな最初は初めてです」



レタッチャーとして、数々の女性ファッション誌の表紙を担当。 特に長期担当として、光文社「美ストーリー」の表紙、小学館「美的」の表紙等は2002年から2011年。 さらにタレント分野では、グラビア最高峰である集英社「ヤングジャンプ」の巻頭グラビアを同じく2002年から2011年まで長期に渡り担当し、 細野晋司氏など日本最高のフォトグラファーの作品をタッチし続けてきた。その他「BOMB」「CMナウ」など。
日本のトップアイドル芸能人のほぼ全員の写真をタッチしてきた経験者は稀有である。広告分野でも資生堂、コーセーなど。写真レタッチの世界の本物をリードしてきている。
2011年‐現在 
ユナイテッド原宿Gスタジオ店長として芸能広告写真、またタレント事務所の宣材写真のクオリティアップに精力的に活動している。

今月の写真例

表参道&青山インフォメーション
の公式キャラに選ばれた、サリューくん
初仕事は「おもはらの森」で。 サリューくん余裕ですね

UNITEDが日本大会ファイナリストの撮影スタジオに選ばれました!

勝ち残ったファイナリスト全員の写真は当写真スタジオが担当致します。
※出場応募用紙は、Gスタジオにもございます。ご利用ください。

ファッション誌対応

対談記事・インタビュー撮影・ロケ補助

新聞・テレビ・ラジオ・WEB・マガジン・パブリシティーの為の対談記事・インタビュー撮影なら原宿インタビューロケーションで。表参原宿エリアのロケ補助にも対応。

対談・インタビューロケーション:宣材写真のUNITED原宿写真スタジオ

大手事務所・有名女性誌のヘアメイク陣営でサポート

スタジオ付のヘアメイクでは提供できない様々なバリエーションを、日本を代表するトップスタイリストの集積する原宿表参道から提供します。 また、手配するヘアメイク陣は、現在各種女性誌の表紙や()といった一線のタレントCMを担当する、ゴールドシップといった、日本を代表するヘアメイク陣によって、皆様のオーディション写真・宣材写真をサポートします。

メイクルーム開放

  • 所属事務所の指定スタイリストにスタイリングをされてから撮影できるように、メイクルームは外部のスタイリスト(ヘア&メイク)に無料で開放しています。もちろん「自分メイク派」のトッププロも個室メイクルームを無料で利用できます。
  • 広告モデル用にノーメイク撮影にも対応。大手化粧品広告のレタッチ陣を配置していますので、デジタルメイクによってあらゆる依頼への対応が可能です。

採用情報

宣材写真、ファッション雑誌、広告写真などの分野で十分の実績がある方。 オーディション写真、プロフィール写真等、 案件ごとに依頼させていただきます。 (名前は非公開の業務となります)


氏名(漢字・ふりがな)・携帯番号・PCアドレス・携帯アドレス・ 住所・学歴・経歴・その他アピールポイントを記載して送信してください。

「オーディション写真ガイドと宣材写真ガイド」

The meaning of the word /宣材写真

皆さん、宣材写真とオーディション写真はどちらも同じだろうと
思ってませんか? 多くの撮影スタジオで同じものだとして
扱っていますので、皆さんがそう考えるのは無理がないのですが、実は
この2つは、その意味も写真の扱いも全く違うものです。

大雑把に言えば、
オーデション写真とは
・応募者が"事務所"に送る写真
宣材写真とは
・"事務所"がクライアントに配布する写真
です。

宣材写真は宣伝材料写真。人を「商品」として扱う商業写真の一つ。これが言葉の定義(The meaning of the word)本質です。
つまりカタログに並ぶのが時計でなく人という違いだけで、
正式な商品である以上、市場への訴求ポイントが決まっていて、そのカラーに沿って必要とされる商業写真(宣材写真)が撮影されるのです。


お客様のタイプも
・オーディション写真の依頼者は個人
・宣材写真の依頼者は、事務所やプロ
となります。
写真の本質も全く異なります。
・オーディション写真は、公開されない前提の写真。
・宣材写真は、公開される前提の写真。

写真としての本質もその用途も両者は全く異なる概念である事がわかるでしょうか? 特に最後の「公開される前提」にあるかないか?
このポイントが、写真スタジオとして撮影方法や撮影後のフォローを含めて
全く違うプロセスを必要としています。
撮影も手順も納品も全く違うものとして扱う必要があります。

会社情報